Open Campus Home > プログラム 8.9 TUE 法学部

プログラム

8.9
TUE

法学部[説明会] 13:00~

1 参加定員 : 1,000名
2 学部企画受付時間・場所
12:15~ 豊田講堂ロビー
  受付場所案内図

3 会場 : 豊田講堂
4 企画内容 :
(1) 挨拶・法学部紹介 (13:05~13:30)
石井 三記 法学研究科長・法学部長
  (2)

模擬講義 (13:45~15:00)

題 目:国境を越えた子の奪い合いとその解決

講 師:村上 正子 教授

講義概要:

講義概要:現代社会では国境を越えた人や物の移動が活発になり、外国も外国人も身近になりました。身近になって人と人との関係が増えれば、それに伴ってトラブルも生じてきます。海外旅行に出かけた先で、あるいは来日した外国人との間で、何らかのトラブルに巻き込まれることも珍しくなくなってきました。このようにトラブルの要素に、国籍や場所など複数の国が関係してくる渉外紛争を裁判で解決しようとする場合には、どこの国の裁判所で裁判をするか、そして解決の基準はどこの国の法律によるのかが問題になります。国によって言語や文化、さらには裁判制度も異なります。家族のあり方や物に対する価値観も様々です。日本で裁判をするのと同じ結論になるとは限りません。

今回の講義では、その中でも最近注目されている、離婚に伴う国境を越えた子の奪い合いという問題を取り上げます。離婚する両親のどちらが子を引き取るかで争いになり、一方の親が他方の親に無断で国外へ子を連れ去ると、子をとりまく環境は激変し、さらには他方の親や友人との交流も突然断たれることにもなり、それが子に与える影響は測り知れません。このような愛憎入り混じる家族の問題を法律で解決することができるのか、子の利益を守るために法はどのように機能しているのか、また法による解決に限界はないのかなどを考えてみたいと思います。

  (3)

法学部生による法学部紹介・懇談 (15:15~16:30)

法学部における学習のほか、学生生活や進路など、様々なことについて、法学部の学生とのディスカッションを通じて紹介します。参加者のみなさんからの質問にも時間の許す限りお答えをしていきます。

  (4)

施設見学 (13:05~17:00)

この時間帯には、文系総合館内にあって法学部が主として使用している法廷教室をご案内します。なお当日は、法学部本館内の講義室や教室、法学部ギャラリーなども自由にご見学いただけます。

5

その他

上記学部企画のほか、全体企画にも参加できます。

ただし、シンポジオンホールで行う全体企画への参加は、学部企画への申込みができなかった人を優先としますので、収容人数に余裕がある場合に限ります。(シンポジオンホールの収容人数は、300人ほどです。)

PAGE TOP