大学からのお知らせ

共同研究契約における産学連携推進経費(間接経費)の導入について

2006年01月23日

趣旨

名古屋大学では、教育と研究と並ぶ第三の使命として、社会との連携及び協力を推進することとしており、社会との強い連携の下に名古屋大学の教育・研究活動の推進、研究成果の社会への還元に積極的に取り組んでまいりました。本学が中期目標に掲げている、「研究成果としての知的財産を創出、取得、管理及び活用する機構を充実し、知的財産の社会還元を図る。」の達成のためには、さらなる産学官連携推進体制の整備拡充が必要不可欠となっています。本学ではこの取組充実の方策を検討して参りました。
従来、この取組みに係る経費には運営費交付金等を当てて参りましたが、この取組のさらなる充実のため、平成18年度分からの企業等との共同研究に関し、直接経費の他に産学連携推進経費(間接経費)を計上していただくこととしました。産学連携活動に係る経費は、大学の研究成果の社会への還元を始め、名古屋大学における産学官連携活動の活性化のため必要不可欠なものであります。
今後、共同研究契約を締結する際に、この産学連携推進経費を企業の方々にご負担願い、産学官連携の推進に資することとさせていただきますのでご理解とご協力方よろしくお願いいたします。

使途

ご負担いただいた産学連携推進経費は、以下のような使途に利用されます。

  1. 名古屋大学の知的財産を管理・活用する知的財産部等の整備・活動・維持に係る経費
  2. 全学及び部局の産学連携体制の整備拡充
  3. 当該研究者の研究環境及び大学全体の研究教育の環境改善のために活用する経費

*産学連携推進経費の額は、共同研究に係る直接経費の10%とします。
*平成18年4月1日以降に実施される共同研究について適用されます。

平成18年1月20日

国立大学法人名古屋大学
総 長 平 野 眞 一

総長写真

総長室から

名古屋大学総長
松尾清一

名大ウォッチ

科学ジャーナリスト
辻篤子が大学の今を語る

世界で学ぼう!海外留学のススメ

世界で学ぼう!
海外留学のススメ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学スーパーグローバル大学創成支援事業

スーパーグローバル大学創成支援事業

博士課程教育リーディングプログラム

博士課程教育リーディングプログラム

天野 浩教授講演依頼について

天野教授への講演等依頼について

受賞者情報

一覧で見る

2017/11/06更新

2017/09/29更新

ビデオトピックス

一覧で見る

HeForShe IMPACT 10×10×10 ニューヨークで、UN Womenが「ジェンダー平等報告書」を発表し、松尾総長も出席しましたの画像

2017/09/25更新

赤﨑 勇本学特別教授及び天野 浩工学研究科教授が2014年ノーベル物理学賞を受賞

2014年ノーベル物理学賞

松尾清一 × 天野 浩

特別対談 松尾清一 × 天野 浩

橋本孝之 × 松尾清一

特別対談 橋本孝之 × 松尾清一