大学からのお知らせ

医学系研究科における「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」に基づく遺伝子解析研究に係る不適切な管理について

2010年01月29日

国立大学法人名古屋大学       
大学院医学系研究科長 祖父江 元

名古屋大学では、国内の10か所の研究機関が参加している生活習慣病の共同コーホート研究(日本多施設共同コーホート研究)を取りまとめています。平成21年3月に個人情報を特定できないよう匿名化した4,667名分のDNAを用いて予備的な遺伝子型測定を実施したところ、以下のような血液試料の不適切な管理状況が判明しました。

  1. 鹿児島大学が2005年に募集した健診受診者で、健診用血液採血時に研究に参加同意のない2名分の検体が含まれていました。
  2. 名古屋市立大学が2007年に募集した健診受診者で、遺伝子解析に関して同意がなかった研究参加者1名分の検体が含まれていました。
  3. 九州大学が2004年に募集した参加者で、本共同研究への提供意思が明確でないとしていた5名分が含まれていました。

これら8名の方の遺伝子型の検査結果と、同意のなかった3名の検体は廃棄致しました。また、九州大学の5名の検体は九州大学における他の研究での同意がありましたので返却致しました。

このような事態を受けまして、上述以外の日本多施設共同コーホート研究に関する検体についても再確認したところ、遺伝子型測定前のものにも研究参加同意がないものや参加意思が不明確なものが見つかりました。そのため、これを廃棄もしくは返却することにより、いずれの検体も本研究に使用されることなく対応いたしました。

本件については、各大学において、それぞれの施設の倫理委員会に報告するとともに、倫理審査委員会の了承の下、遺伝子解析用検体の提供を受ける際の手順の改訂や管理体制の見直しなどの再発防止策を講じることとしました。
さらに、本件について、文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室に報告し、同室からも再発防止のための措置を徹底するよう指導を受けております。

本件の概要につきましてご報告申し上げ、参加者の皆さまにお詫び申し上げるとともに、本共同研究に関与する研究者ひとりひとりが万全の注意を払う所存でございます。
詳細につきましては以下の別ページをご参照いただければ幸いです。

詳細のご説明ページ

総長写真

総長室から

名古屋大学総長
松尾清一

名大ウォッチ

科学ジャーナリスト
辻篤子が大学の今を語る

世界で学ぼう!海外留学のススメ

世界で学ぼう!
海外留学のススメ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学スーパーグローバル大学創成支援事業

スーパーグローバル大学創成支援事業

博士課程教育リーディングプログラム

博士課程教育リーディングプログラム

天野 浩教授講演依頼について

天野教授への講演等依頼について

受賞者情報

一覧で見る

2017/11/20更新

2017/11/06更新

ビデオトピックス

一覧で見る

HeForShe IMPACT 10×10×10 ニューヨークで、UN Womenが「ジェンダー平等報告書」を発表し、松尾総長も出席しましたの画像

2017/09/25更新

赤﨑 勇本学特別教授及び天野 浩工学研究科教授が2014年ノーベル物理学賞を受賞

2014年ノーベル物理学賞

松尾清一 × 天野 浩

特別対談 松尾清一 × 天野 浩

橋本孝之 × 松尾清一

特別対談 橋本孝之 × 松尾清一