大学からのお知らせ

日本・ウズベキスタン共和国共同声明で名古屋大学が取り上げられました

2011年02月15日

イスラム・アブドゥガニエヴィッチ・カリモフ ウズベキスタン共和国大統領が、2月8日(火)から10日(木)の間、日本国政府の招待により日本を公式訪問し、菅 直人内閣総理大臣との会談が行われ、2月9日(水)、共同声明が発表されました。共同声明では、本学の活動が以下のとおり言及されています。

日本・ウズベキスタン共和国共同声明(仮訳)
「VI. 人的交流の促進
4. 【大学間交流】双方は、近年の両国大学間交流の進展を歓迎するとともに、両国の教育・学術分野における交流を更に促進するため、引き続き必要な支援を行う意向を表明した。これに関連し、双方は、2010年3月、日本国文部科学省国際化拠点整備事業(グローバル30)の枠組みで、ウズベキスタンと日本との留学生交流活動を促進することを目的とする海外大学共同利用事務所として、タシケントに「名古屋大学ウズベキスタン事務所」が開設されたことを歓迎し、今後、同事務所の活動により、両国間の留学生交流・青年間交流が一層活発化することへの期待を表明した。」
(首相官邸ホームページから抜粋。全文はこちらからご覧下さい。)

名古屋大学では、1990年代からウズベキスタンにおける法学・政治学の研究が始まりました。その後、2000年にタシケント国立法科大学、世界経済外交大学及びサマルカンド国立大学法学部と部局間協定を締結、2005年に日本法教育研究センターをタシケント国立法科大学内に設置、2006年にタシケント国立法科大学と全学間協定を締結する等学生交流・学術交流を図ってきました。
2009年に本学が国際化拠点整備事業(グローバル30)に採択され、2010年3月に同事業を支える海外拠点として、ウズベキスタンとの交流実績に基づき名古屋大学ウズベキスタン事務所を開設し、日本の大学の魅力を発信するとともに学生募集活動を行ってきました。また、2010年10月、名古屋大学において、駐日ウズベキスタン共和国大使館、本学法政国際教育協力研究センター、本学ウズベキスタン留学生会の共催で、ウズベキスタン・日本学生学術フォーラム2010が開催されました。さらに同年、世界経済外交大学と全学間協定を締結し、大学間だけでなく、ウズベキスタン事務所を通じた日・ウズベキスタン交流の活発化が期待されているところです。

総長写真

総長室から

名古屋大学総長
松尾清一

名大ウォッチ

科学ジャーナリスト
辻篤子が大学の今を語る

世界で学ぼう!海外留学のススメ

世界で学ぼう!
海外留学のススメ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学スーパーグローバル大学創成支援事業

スーパーグローバル大学創成支援事業

博士課程教育リーディングプログラム

博士課程教育リーディングプログラム

天野 浩教授講演依頼について

天野教授への講演等依頼について

受賞者情報

一覧で見る

2017/11/06更新

2017/09/29更新

ビデオトピックス

一覧で見る

HeForShe IMPACT 10×10×10 ニューヨークで、UN Womenが「ジェンダー平等報告書」を発表し、松尾総長も出席しましたの画像

2017/09/25更新

赤﨑 勇本学特別教授及び天野 浩工学研究科教授が2014年ノーベル物理学賞を受賞

2014年ノーベル物理学賞

松尾清一 × 天野 浩

特別対談 松尾清一 × 天野 浩

橋本孝之 × 松尾清一

特別対談 橋本孝之 × 松尾清一