大学からのお知らせ

東日本大震災による被災大学の学生等の受入れについて

2011年04月19日

東日本大震災に被災されました皆さまに、心からお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復興を願っております。

この度、東日本大震災に被災した地域の大学に在籍中の学生等の皆さまへの支援の一つとして、名古屋大学の各研究室等の単位での学生等の受入れについて、受入れ可能人数や受入れた際の使用可能な設備等の情報を公開することといたしました。

公開内容およびお申し込み方法は、「名古屋大学における被災地大学学生等の受入れ可能状況」をご覧ください。

受入れ可能な研究室等は120余、人数にして合計300を越えていますが、受入れた際の居住環境については必ずしも準備が整っておりませんので、例えば帰省先など実家が名古屋市内もしくは愛知県内にあり、そこから通学可能な方の場合は受入れが容易な状況です。本学の学生寮など家具等が整った宿舎は数に限りがあり、今後、愛知県等とも協力して、企業の独身寮等の提供を受けるなど、対応を進める予定です。

名古屋大学東日本大震災対策本部長(名古屋大学総長)
濵口道成


お問い合わせ

E-mailkibou@post.jimu.nagoya-u.ac.jp

お問い合わせ要領

お問い合わせに際しては、以下の項目をお知らせ下さい。


研究室単位など、グループでの受入れを希望される場合

  1. 希望する名古屋大学の研究室等の連番号:
  2. 希望される方の情報
    1. 大学(機関)名:
    2. 所属の学科・研究科等名:
    3. グループの責任者
      • 氏名:(フリガナ)
      • 職名:
      • 連絡先の電話:
      • E-mail:
    4. 学生のみのグループの場合は指導教員について
      • 氏名:(フリガナ)
      • 職名:
      • 連絡先の電話:
      • E-mail:
  3. 受入れを希望する人数等の情報
    1. 学生の人数:
      • うち、実家等が近隣に無く、宿舎が必要な方の人数:
    2. 教員(研究者)の人数:
      • うち、実家等が近隣に無く、宿舎が必要な方の人数:

個人(一人)で受入れを希望される場合

  1. 希望する名古屋大学の研究室等の連番号:
  2. 希望される方の情報
    1. 大学(機関)名:
    2. 所属の学科・研究科等名:
    3. 氏名:(フリガナ)
      • 職名:
      • 連絡先の電話:
      • E-mail:
    4. 学生の場合は指導教員について
      • 氏名:(フリガナ)
      • 職名:
      • 連絡先の電話:
      • E-mail:
  3. 宿舎についての必要性:必要 OR 不要
総長写真

総長室から

名古屋大学総長
松尾清一

名大ウォッチ

科学ジャーナリスト
辻篤子が大学の今を語る

世界で学ぼう!海外留学のススメ

世界で学ぼう!
海外留学のススメ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学スーパーグローバル大学創成支援事業

スーパーグローバル大学創成支援事業

博士課程教育リーディングプログラム

博士課程教育リーディングプログラム

天野 浩教授講演依頼について

天野教授への講演等依頼について

受賞者情報

一覧で見る

2017/11/06更新

2017/09/29更新

ビデオトピックス

一覧で見る

HeForShe IMPACT 10×10×10 ニューヨークで、UN Womenが「ジェンダー平等報告書」を発表し、松尾総長も出席しましたの画像

2017/09/25更新

赤﨑 勇本学特別教授及び天野 浩工学研究科教授が2014年ノーベル物理学賞を受賞

2014年ノーベル物理学賞

松尾清一 × 天野 浩

特別対談 松尾清一 × 天野 浩

橋本孝之 × 松尾清一

特別対談 橋本孝之 × 松尾清一