新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における名古屋大学の活動指針

学生向け (2020/05/25更新)国による学生支援緊急給付金給付事業(「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』)について

ご支援のお願い (2020/05/08更新)新型コロナウイルス感染症対策緊急学生支援基金

新型コロナウイルス感染症への
対応について

2020年度の授業・各種ガイダンス等について

インターネット利用環境が整わない学生は、所属学部・研究科にご相談ください

名古屋大学の学生、教職員の皆さんへ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大下における、総長からのメッセージ

大学からのお知らせ

ゴミがエネルギーに!可燃ゴミから電気を作る燃料電池の研究開発のためクラウドファンディングを開始

2020年05月12日

 

名古屋大学大学院環境学研究科は、持続可能な社会の構築を目指して「持続性学」という学問体系の構築を進め、地球規模課題の解決に取り組んでいます。また、2004年から「リサイクルエネルギー」に関する研究を進めており、2年ほど前からは、水素燃料電池の研究をヒントに、家庭や地域の可燃ゴミから電気を作る研究を始めました。今年度は「可燃ゴミから電気を作る燃料電池(バイオマス・プラスチックゴミ燃料電池)」のプロトタイプの製作を行います。そこで、その燃料電池の開発・研究資金を募るために以下の通りプロジェクトを公開し、本日、寄附募集を開始いたしました。

 

クラウドファンディングプロジェクト

「ゴミがエネルギーに!地域社会で取り組むゴミゼロ×創エネ活動」

目標金額

300万円(クラウドファンディング:150 万円、マッチングギフト:150 万円)

※このプロジェクトはREADYFOR SDGs に参加しており、クラウドファンディングで150万円達成後、達成額と同額のマッチングギフトが大和リース株式会社より支払われます。

公開期間

5月12日(火)〜6月30日(火)23時

プロジェクト概要

私たちは、ゴミ問題とエネルギー問題、この2つの課題の同時解決を目指しています。もしゴミから電気を作ることができれば、①廃棄物の再利用化及びリサイクルエネルギーの推進の実現、②災害時の重要な電力供給(各家庭での発電に加え、震災で排出される大量の震災ゴミの活用)など、持続可能な社会の実現に向けた画期的な仕組みになることが考えられます。特別な技術を使うことなく、家庭や地域から出るゴミで発電し、その電気をエリア内で消費する電気の地産地消モデルを構築して、災害にも強い持続可能なまちづくりに貢献します。また、ゴミの廃棄量と化石燃料の使用量を減らし、資源・エネルギー問題を解決することにもつながります。

 

本プロジェクトを通じ、多くの方々にゴミはエネルギーとして有効利用できることを知っていただくきっかけにしたいと思っています。

 

詳細は、下記ホームページをご確認ください。

 

 

ビデオトピックス

一覧で見る

2020/03/16更新

総長写真

総長室から

名古屋大学総長
松尾清一

名大ウォッチ

科学ジャーナリスト
辻篤子が大学の今を語る

世界で学ぼう!海外留学のススメ

世界で学ぼう!
海外留学のススメ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学スーパーグローバル大学創成支援事業

スーパーグローバル大学創成支援事業

博士課程教育リーディングプログラム

博士課程教育リーディングプログラム

SDGs実現に貢献する名古屋大学

SDGs実現に貢献する名古屋大学

受賞者情報

一覧で見る

2020/05/21更新

2020/04/30更新

赤﨑 勇本学特別教授及び天野 浩工学研究科教授が2014年ノーベル物理学賞を受賞

2014年ノーベル物理学賞

松尾清一 × 天野 浩

特別対談 松尾清一 × 天野 浩

橋本孝之 × 松尾清一

特別対談 橋本孝之 × 松尾清一