新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における名古屋大学の活動指針

ご支援のお願い (2020/05/08更新)新型コロナウイルス感染症対策緊急学生支援基金

新型コロナウイルス感染症への
対応について

2020年度の授業・定期試験等について

インターネット利用環境が整わない学生は、所属学部・研究科にご相談ください

大学からのお知らせ

総長からのメッセージ~新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴う名古屋大学の対応について

2020年07月24日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急拡大に伴い、7月27日(月)から、名古屋大学の警戒カテゴリーをC(緊急事態)に引き上げます。構成員の皆様のご理解とご協力をお願いします。

  

国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学

総長  松尾 清一

 

 

名古屋大学の学生、教職員の皆様、現在、全国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が急拡大しており、ここ愛知県、名古屋市においても、感染者数が連日、過去最高を更新しています。感染は特に若者を中心に急拡大しており、それが中高年層にも及ぼうとしている状況です。感染拡大は極めて急速であり、事態はここ数日、一気に緊迫の度を増しています。

 

このような状況の中で名古屋大学は、学生・教職員の健康と安全を確保すること、社会の一員として感染拡大予防を積極的に行うこと、そして大学の最低限の機能を維持することを最優先として、この度、名古屋大学の警戒カテゴリーを引き上げてC(緊急事態)とすることにしました。これにあわせて各領域の活動指針のレベルも厳しくすることを決定いたしました。

 

国や県においてはまだ緊急事態宣言や休業要請など発出していない段階ではありますが、名古屋大学としての方針を明確にして速やかに全構成員の皆様にお伝えするとともに、協力を要請するものです。

 

なお、喫緊の課題として7月27日から始まる定期試験があります。急な決定ですが、対面での試験は取りやめ代替の方法をとっていただくことにしました。

 

 今回の警戒カテゴリーや活動指針の変更は、感染症の急拡大を受けての急な決定であるため、学生、教職員の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、先ずは大学として感染拡大防止を徹底し、教育、研究をはじめとする大学の諸活動への影響が最小限になるよう一致協力してこの危機を乗り越えてゆきたいと考えています。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。 (以上)

 

 

ビデオトピックス

一覧で見る

2020/08/03更新

総長写真

総長室から

名古屋大学総長
松尾清一

名大ウォッチ

科学ジャーナリスト
辻篤子が大学の今を語る

世界で学ぼう!海外留学のススメ

世界で学ぼう!
海外留学のススメ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学スーパーグローバル大学創成支援事業

スーパーグローバル大学創成支援事業

博士課程教育リーディングプログラム

博士課程教育リーディングプログラム

SDGs実現に貢献する名古屋大学

SDGs実現に貢献する名古屋大学

受賞者情報

一覧で見る

2020/05/21更新

2020/04/30更新

赤﨑 勇本学特別教授及び天野 浩工学研究科教授が2014年ノーベル物理学賞を受賞

2014年ノーベル物理学賞

松尾清一 × 天野 浩

特別対談 松尾清一 × 天野 浩

橋本孝之 × 松尾清一

特別対談 橋本孝之 × 松尾清一