新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における名古屋大学の活動指針

学生向け (2020/05/25更新)国による学生支援緊急給付金給付事業(「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』)について

ご支援のお願い (2020/05/08更新)新型コロナウイルス感染症対策緊急学生支援基金

新型コロナウイルス感染症への
対応について

2020年度の授業・各種ガイダンス等について

インターネット利用環境が整わない学生は、所属学部・研究科にご相談ください

名古屋大学の学生、教職員の皆さんへ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大下における、総長からのメッセージ

大学からのお知らせ

スーパーグローバル大学創成支援事業の中間評価において「S評価」を獲得しました

2018年02月28日

名古屋大学は、平成26年度に採択された「スーパーグローバル大学創成支援事業」の中間評価において、最高評価である「S評価」を獲得しました。

今回の中間評価は、外部有識者で構成された「スーパーグローバル大学創成支援プログラム委員会」による書類審査と面接調査が行われ、本学の取組は「優れた取組状況であり、事業目的の達成が見込まれる。」として、最高評価である「S評価」を受けました。

具体的には、先端的研究強化策としての WPI-nextおよびYLCの拡充、教育の国際化を目指すアジアサテライトキャンパスの設置、国際機構の設立、大学全体の教育改革としての学事暦の変更、GPA(Grade Point Average:成績評価の国際標準化) の実施、ナンバリング(授業科目のコード化)の拡充、英語による授業科目数の増加、ジョイント・ディグリープログラムの展開など、体系的かつ多彩な取組が意欲的に実施され、大学全体の底上げが進んでいる点が高く評価されました。

今後も「NU MIRAI 2020」に掲げられている「名古屋大学を世界屈指の研究大学に」を実現すべく、本事業を推進して参ります。

 

スーパーグローバル大学創成支援事業 中間評価結果の総括(PDF)(日本学術振興会ウェブサイトより)

 

スーパーグローバル大学創成支援事業 個別中間評価結果(日本学術振興会ウェブサイトより)

 

名古屋大学スーパーグローバル大学創成支援事業

 

ビデオトピックス

一覧で見る

2020/03/16更新

総長写真

総長室から

名古屋大学総長
松尾清一

名大ウォッチ

科学ジャーナリスト
辻篤子が大学の今を語る

世界で学ぼう!海外留学のススメ

世界で学ぼう!
海外留学のススメ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学スーパーグローバル大学創成支援事業

スーパーグローバル大学創成支援事業

博士課程教育リーディングプログラム

博士課程教育リーディングプログラム

SDGs実現に貢献する名古屋大学

SDGs実現に貢献する名古屋大学

受賞者情報

一覧で見る

2020/05/21更新

2020/04/30更新

赤﨑 勇本学特別教授及び天野 浩工学研究科教授が2014年ノーベル物理学賞を受賞

2014年ノーベル物理学賞

松尾清一 × 天野 浩

特別対談 松尾清一 × 天野 浩

橋本孝之 × 松尾清一

特別対談 橋本孝之 × 松尾清一