社会との連携/国際交流

コンソーシアム等

名古屋大学は、メンバーとなっているコンソーシアムや連携ネットワークを通じて他国の大学等教育研究機関との連携を図り、国際交流を積極的に推進しています。

 

 

名古屋大学が参加しているコンソーシアム

■AC21:Academic Consortium 21

2002年6月に開催された名古屋大学国際フォーラムにおいて、世界の教育・研究・産業組織により構成された国際的な学術ネットワーク構築を目的として設立されました。現在アメリカやアジアなどの20大学がメンバーで、名古屋大学が事務局を担当しています。 

 

■RENKEI:Japan-UK Research and Education Network for Knowledge Economy Initiatives 

日英の大学間連携を基盤とした、新しい国際産学連携の仕組みとして、2012年3月に設立されました。「社会の仕組みの変革を促すこと」をビジョンに掲げ、現在は日英それぞれ6大学、計12大学で活動しています。 

 

■MIRAI:

2015年3月に開催された「日本・スウェーデン学長サミット」をきっかけに、日本・スウェーデン間の学術交流・連携の更なる強化を目指して形成されました。スウェーデン研究・高等教育国際協力財団(STINT)のパイロットプロジェクトとして採択され、2017年から活動を開始したところです。スウェーデン7大学、日本8大学がメンバーです。

http://www.mirai.nu/ (英語)

 

■APRU:Association of Pacific Rim Universities 

各国の高等教育の相互協力関係を強め、環太平洋地域社会にとって重要な諸問題に対し、教育・研究の分野から協力・貢献することを目的として 1997年に設立されました。環太平洋地域を代表する大学50大学以上がメンバーで、名古屋大学は今年度より加盟しました。

https://apru.org/ (英語)

 

連携ネットワーク

■JUNBA:Japanese University Network in the Bay Area

米国内に拠点を持つ日本の大学間の連携を図り、日本の大学の国際化、国際的人材の育成、産学連携等の諸活動を支援し、日本及び米国における教育・研究の発展と、産業創出に寄与する事をミッションとする連携ネットワークです。2004年から「大学連絡会」として活動を始め、2006年に現在の名称で組織化。11の大学・機関がメンバーです。 

 

■JANET:Japan Academic Network in Europe

日本側の大学・学術機関がドイツ・欧州との間で広く国際学術情報の共有を図り、日独協働で実施する研究教育事業を情報発信し、両者間の交流活動促進に寄与することを目的とする、日本の学術機関拠点間の緩やかな連携ネットワークです。2015年に発足、28の大学・機関がメンバーです。