社会との連携/国際交流

公開講座

情報科学研究科 基盤研究公開セミナー

  • 開催日時:9月26日(金) 15:00~17:30
  • 開催場所:情報科学研究科棟1階第1講義室
  • 定員:120名
  • 受講料:無料
  • 申込み・問合せ先:大学院情報科学研究科 広報渉外委員会 庶務係 052-789-4716
    e-mail: gsis@is.nagoya-u.ac.jp
    ※事前申込みは不要です。
  • 内容:

    平成26年度基盤研究公開セミナー

     

    「実世界データ循環学―価値創造人材の育成に向けて」 講師:武田一哉 教授

     

     高齢化、グローバル化、資源問題など、社会環境が日々大きく動いていいます。モノづくりを中心にした我が国産業がイノベーションを担い続け、国際的な産業分業の中心的役割を担い続けるためには、新たな価値を創造し続けることが不可欠です。名古屋大学に新たに発足した博士課程プログラム「実世界データ循環学リーダー人材養成プログラム」では、データの取得・解析・実装に関する研究を総合する視点から、次世代の産業科学のリーダー人材を育成します。本講演では、「実世界データ循環学リーダー人材養成プログラム」の研究と人材育成の理念についてお話しします。

     

     

     「自動走行の実現に向けて-広がるCyber Physical Systemの応用」 講師:加藤真平 准教授

     

     CPS(Cyber Physical Systems) は、組込みシステムやリアルタイムシステム、分散システム、センサネットワーク等の情報通信技術を統合して、物理世界の理解、認識、または制御をこれまでよりも大きなスケールで実現するための技術です。ここでいう物理世界とは機械、人、社会などが含まれます。もし、どんなデータでもリアルタイムに取得、解析、フィードバックが可能なら、新しい製品・サービスを生み出すことができます。近年話題になっている自動運転技術は、まさにその好例です。本講演では、CPSの研究動向と、それを用いた自動運転の研究について紹介します。