新型コロナに関するお知らせ

教育/キャンパスライフ

新着情報

2022.4.4  【重要・学部2年生以上対象】【新制度給付奨学金】令和4年4月「在籍報告」の提出(入力)について

2022.3.28 日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込について【日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込者ガイダンス】

2022.3.28 令和4年福島県沖を震源とする地震にかかる給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用

2022.2.14 日本学生支援機構奨学金 予約採用候補者及び在学採用申請者(給付・貸与)【学部新1年生対象】

       の書類提出について

2021.12.28【学部・大学院全学年対象】日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急

               対応について(緊急特別無利子貸与奨学金の申請期限延長について)

2021.12.6【重要】「奨学金継続願」の提出(入力)について

2021.11.5 【学部生対象】日本学生支援機構(JASSO)奨学金等修学資金ガイダンス

2021.9.10 【学部・大学院全学年対象】日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急 

対応について              

2021.9.10重要・学部全学年対象】【新・旧制度給付奨学金】令和3年10月「在籍報告」の提出(入力)について

2021.9.10  令和3年長野県茅野市において発生した土砂流にかかる給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用

2021.8.20  令和3年8月11日からの大雨による災害に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用2021.8.20  【全学部・全学年対象】令和3年度 日本学生支援機構奨学金 在学採用(二次採用)申込について

2021.8.20 台風9号から変わった温帯低気圧に伴う大雨による災害に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用       

2021.7.7  令和3年7月1日からの大雨による災害に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用

2021.7.1重要・学部全学年対象】【新・旧制度給付奨学金】令和3年7月「在籍報告」の提出(入力)について

2021.5.21【学部・大学院全学年対象】日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急 

               対応について(貸与奨学金の期日前交付)

2021.5.21【学部・大学院全学年対象】日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急

               対応について(緊急特別無利子貸与奨学金の募集について)

2021.4.13【学部生対象】日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応について

2021.4.13【学部生対象】日本学生支援機構給付奨学金在学採用を申請する方、申請手続き中の方へ 

               寡婦(寡夫)控除のみなし適用の特例措置について

2021.4.8 島根県松江市における大規模火災に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用

2021.4.5 【重要・学部2年生以上対象】【新制度給付奨学金】令和3年4月「在籍報告」の提出(入力)について

2021.3.18 日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込について【日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込者ガイダンス】

2021.3.11【学部新1年次対象】日本学生支援機構貸与奨学金「予約採用候補者」、「在学採用申請者」の書類提出について

2021.3.11  令和3年新潟県糸魚川市における地滑りに係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用2021.3.4   令和3年栃木県足利市における大規模火災に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用

2021.2.17 【学部新1年次対象】日本学生支援機構奨学金「予約採用候補者」、「在学採用申請者」の書類提出について

2021.2.17  令和3年福島県沖を震源とする地震に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用

2021.2. 1 【全学部・大学院生対象】緊急特別無利子貸与型奨学金の申請期間延長について

2021.1.12 令和3年1月7日からの大雪による災害に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用

 

 

【重要・学部2年生以上対象】【新制度給付奨学金】令和4年4月「在籍報告」の提出(入力)について(4.4.4)

給付奨学生は、引き続き大学に在籍していることおよび通学形態の変更の有無等を確認するめ、

定期的に「在籍報告」の手続きを行う必要があります。

(旧制度給付奨学金在籍報告については7月、10月のみのため、4月は不要です。)

 

令和4年度4月の在籍報告を実施しますので、必ず期間内にスカラネット・パーソナル(スカラPより

提出(入力)してください。入力方法の詳細は下記をご参照ください。

 【新制度】在籍報告の提出手続き

 

<「在籍報告」提出(入力)期間>

  令和4年4月14日(木)~ 4月20日(水)

 

<「在籍報告」提出(入力)方法>

  スカラネット・パーソナル(https://scholar-ps.sas.jasso.go.jp/)へアクセス・ログインし、

 「在籍報告」メニューより提出(入力)してください。

 

 ※一度もスカラネット・パーソナルにログインしたことがない学生については、

   上記URLにアクセスし、まず「新規登録」を行ってからログインしてください。

 

【注意事項】

  ・「在籍報告」を提出(入力)しなかった場合は、給付奨学金の振込みが止まり、給付奨学生の資格を失う

      ことになります。

  ・通学形態が変更(自宅通学から自宅外通学)となった場合は、別途手続きが必要です。

 

日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込について【日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込者ガイダンス】(4.3.28)

※学部生対象※ 

令和4年度在学採用について、募集を実施します。詳細は以下のページをご覧ください。

 日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込について【日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込者ガイダンス】

 

 ※大学院生については、各研究科奨学金担当窓口へお問い合わせください。

 

 

令和4年福島県沖を震源とする地震にかかる災害救助法適用地域の世帯の学生・生徒に対する給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用(4.3.28)

 災害救助法適用地域に該当する世帯で、奨学金を希望する学生は、以下窓口に相談してください。

 学部生:学生支援課

 大学院生:所属研究科の奨学金事務担当係 ※給付奨学金は、学部生のみ対象です。

 

 対象の災害救助法適用地域詳細については、日本学生支援機構ホームページご確認ください。

 

日本学生支援機構奨学金 予約採用候補者及び在学採用申請者(給付・貸与)【学部新1年次対象】の書類提出について(4.2.14)

【学部新1年次対象】

 高校在学時等に日本学生支援機構奨学金の「採用候補者決定通知」の交付を受けた者(予約採用候補者)及び、入学後4月上旬に「在学採用」を申し込む者に、必要書類の提出を願います。 

 

※詳細はこちらからご覧ください。

 

 

【学部・大学院全学年対象】日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応について(緊急特別無利子貸与奨学金の申請期限延長について)(3.12.28)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりアルバイト収入が大幅に減少した学生を対象とする緊急特別無利子貸与奨学金の募集について申請期限が延長されました。

申請希望者は以下(5月21日掲載内容)を確認し、資料請求手続きを行ってください。

 

日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急特別無利子貸与奨学金の募集について

 

資料請求申請期限(延長後):1月14日(金)

 

 

重要】「奨学金継続願」の提出(入力)について(3.12.6)

 2022年4月以降も引き続き日本学生支援機構奨学金の貸与・給付を希望する者は、大学指定の期間にスカラネット・パーソナル(インターネット)で「奨学金継続願」を提出(入力)してください。

 詳細はこちら

 

【学部生対象】日本学生支援機構(JASSO)奨学金等修学資金ガイダンス(3.11.5)

日本学生支援機構(JASSO)奨学金ガイダンスビデオが、学生ポータルにて閲覧可能です。

奨学金制度等について理解を深めることができる機会となっております。

 

詳細は、名古屋大学ポータルにアクセスしてください

※名大ポータルログインには、IDとパスワードが必要です。

 

【学部・大学院全学年対象】日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応について(3.9.10)

①【貸与奨学金の期日前交付】

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、早期にまとまったお金が必要となった学生への支援として、奨学生の願出により、12月の貸与奨学金振込日(令和3年12月10日(金曜日))に1月分及び2月分を期日前に受け取ることができます。

 

対象:すでに第一種奨学生・第二種奨学生として採用されている者

 

※12月に1~2月分を振り込みますので、次の奨学金の振込は3月になります。

※以下の場合、利用している奨学金の状態等によっては利用できない場合があります。

 ・令和3年12月の奨学金の振込状態が「休・停止中」、「保留中」となっている(予定を含む)。

 ・第一種奨学金の期日前交付を希望する場合で、併せて受給している給付奨学金の支援区分が令和4年2月分まで確定しない。

 ・人的保証から機関保証への変更手続き中(予定を含む) 等

 

提出書類:期日前交付申請書

 

書類提出期限:10月29日(金)

 

②【休学中の学生等を対象とした第二種奨学金の継続貸与】

第二種奨学金の貸与を受けている者で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を機に、令和3年度中に休学しボランティアに参加する等の活動を行う者で、休学期間の活動が有意義であると認められる場合、休学中も貸与を最大1年継続できます。

 

提出書類:休学時奨学金継続願

 

書類提出期限:随時。活動を始めることが確定次第できるだけ早く申し出てください。

       最終締め切り:令和4年1月28日(金)

 

 

 上記①②書類提出先: 〒464-8601 名古屋市千種区不老町

             名古屋大学教育推進部学生支援課 日本学生支援機構奨学金担当 宛 

 

            ※封筒に、「貸与奨学金期日前交付申請書在中」または、「休学時奨学金継続願在中」と朱書きして      

             ください。

 

 

【重要】【給付奨学金】令和3年10月「在籍報告」の提出(入力)について (3.9.10)

  給付奨学生は、引き続き大学に在籍していることおよび通学形態の変更の有無等を確認するめ、

 定期的に「在籍報告」の手続きを行う必要があります。

 令和3年度10月の在籍報告を実施しますので、必ず期間内にスカラネット・パーソナル(スカ

 ラPより提出(入力)してください。入力方法の詳細は下記をご参照ください。 

 【新制度】「在籍報告」提出(入力)の手続き

  ※旧制度の給付奨学生(2019年度以前採用)の方は、以下をご覧ください。

 【旧制度】「在籍報告」提出(入力)の手続き

 

 対象

  新制度及び旧制度給付奨学生(学部全学年)

 

 <「在籍報告」提出(入力)期間>

  新制度:10月4日(月)~10月12日(火)

  旧制度:10月4日(月)~10月12日(火)

 

 <「在籍報告」提出(入力)方法>

  スカラネット・パーソナル(https://scholar-ps.sas.jasso.go.jp/)へアクセス・ログインし、

 「在籍報告」メニューより提出(入力)してください。

  ※一度もスカラネット・パーソナルにログインしたことがない学生については、

   上記URLにアクセスし、まず「新規登録」を行ってからログインしてください。

 

 【注意事項】

 ・「在籍報告」を提出(入力)しなかった場合は、給付奨学金の振込みが止まり、給付奨学生の資格を失う

  ことになります。

 ・通学形態が変更(自宅外通学から自宅通学、または自宅通学から自宅外通学)となった場合は、別途手続きが

  必要な場合があります。

 

令和3年長野県茅野市において発生した土砂流にかかる災害救助法適用地域の世帯の学生・生徒に対する給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用(3.9.10)

 災害救助法適用地域に該当する世帯で、奨学金を希望する学生は、以下窓口に相談してください。

 学部生:学生支援課

 大学院生:所属研究科の奨学金事務担当係 ※給付奨学金は、学部生のみ対象です。

 

 対象の災害救助法適用地域詳細については、日本学生支援機構ホームページご確認ください。

 

 

令和3年8月11日からの大雨による災害に係る災害救助法適用地域の世帯の学生・生徒に対する給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用(3.8.20)

 災害救助法適用地域に該当する世帯で、奨学金を希望する学生は、以下窓口に相談してください。

 学部生:学生支援課

 大学院生:所属研究科の奨学金事務担当係 ※給付奨学金は、学部生のみ対象です。

 

 対象の災害救助法適用地域詳細については、日本学生支援機構ホームページご確認ください。

 

 

【全学部・全学年対象】令和3年度 日本学生支援機構奨学金 在学採用(二次採用)申込について(3.8.20)

 ※学部生対象※ 

令和3年度在学採用(二次採用)について、募集を実施します。詳細は以下のページをご覧ください。

 令和3年度日本学生支援機構奨学金 在学採用(二次採用)申込について

 

 ※大学院生の二次採用(第二種奨学金)については、各研究科奨学金担当窓口へお問い合わせください。

 

 

 

台風第9号から変わった温帯低気圧に伴う大雨による災害に係る災害救助法適用地域の世帯の学生・生徒に対する給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用(3.8.20)

 災害救助法適用地域に該当する世帯で、奨学金を希望する学生は、以下窓口に相談してください。

 学部生:学生支援課

 大学院生:所属研究科の奨学金事務担当係 ※給付奨学金は、学部生のみ対象です。

 

 対象の災害救助法適用地域詳細については、日本学生支援機構ホームページご確認ください。

 

 

 

令和3年7月1日からの大雨による災害に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急・応急採用(3.7.7)

 災害救助法適用地域に該当する世帯で、奨学金を希望する学生は、以下窓口に相談してください。

 学部生:学生支援課

 大学院生:所属研究科の奨学金事務担当係 ※給付奨学金は、学部生のみ対象です。

 

 対象の災害救助法適用地域詳細については、日本学生支援機構ホームページご確認ください。

 

 

 

【重要】【給付奨学金】令和3年7月「在籍報告」の提出(入力)について

  給付奨学生は、引き続き大学に在籍していることおよび通学形態の変更の有無等を確認するめ、

 定期的に「在籍報告」の手続きを行う必要があります。

 令和3年度7月の在籍報告を実施しますので、必ず期間内にスカラネット・パーソナル(スカ

 ラPより提出(入力)してください。入力方法の詳細は下記をご参照ください。 

 【新制度】「在籍報告」提出(入力)の手続き

  ※旧制度の給付奨学生(2019年度以前採用)の方は、以下をご覧ください。

 【旧制度】「在籍報告」提出(入力)の手続き

 

 対象

  新制度及び旧制度給付奨学生(学部全学年)

 

 <「在籍報告」提出(入力)期間>

  新制度:7月5日(月)~7月19日(月)

  旧制度:7月5日(月)~7月14日(水)

 

 <「在籍報告」提出(入力)方法>

  スカラネット・パーソナル(https://scholar-ps.sas.jasso.go.jp/)へアクセス・ログインし、

 「在籍報告」メニューより提出(入力)してください。

  ※一度もスカラネット・パーソナルにログインしたことがない学生については、

   上記URLにアクセスし、まず「新規登録」を行ってからログインしてください。

 

 【注意事項】

 ・「在籍報告」を提出(入力)しなかった場合は、給付奨学金の振込みが止まり、給付奨学生の資格を失う

  ことになります。

 ・通学形態が変更(自宅外通学から自宅通学、または自宅通学から自宅外通学)となった場合は、別途手続きが

  必要な場合があります。

【学部・大学院全学年対象】日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応について貸与奨学金の期日前交付)(3.5.21)

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、早期にまとまったお金が必要となった学生への支援として、奨学生の願出により、7月の貸与奨学金振込日(令和3年7月9日(金曜日))に8月分及び9月分を期日前に受け取ることができます。

 

対象:すでに第一種奨学生・第二種奨学生として採用されている者

 

※7月に7~9月分を振り込みますので、次の奨学金の振込は10月になります。

※以下の場合、利用している奨学金の状態等によっては利用できない場合があります。

 ・令和3年7月~9月分の奨学金の振込状態が「休・停止中」、「保留中」となっている(予定を含む)。

 ・第一種奨学金の期日前交付を希望する場合で、併せて受給している給付奨学金の支援区分が9月分まで確定しない。

 ・人的保証から機関保証への変更手続き中(予定を含む) 等

 

提出書類:期日前交付申請書

 

書類提出期限:6月4日(金)

 

        宛先: 〒464-8601 名古屋市千種区不老町

     名古屋大学教育推進部学生支援課 日本学生支援機構奨学金担当 宛 

     ※封筒に、「貸与奨学金期日前交付申請書在中」と朱書きしてください。

 

 

 

【学部・大学院全学年対象】日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応について(緊急特別無利子貸与奨学金の募集について)(3.5.21)

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりアルバイト収入が大幅に減少した学生を対象に緊急特別無利子貸与奨学金の募集について以下の通り申請を受け付けます。

申請対象者

①第二種奨学金の貸与を受けていない者

②家庭から多額の仕送りを受けていない者(仕送り額が年間150万円以上ではないこと)

③生活費・学費に占めるアルバイト収入の占める割合が高い者

④アルバイト収入について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により大幅に減少した者(「緊急事態宣言」「まん延防止等重点措置」の実施区域となったこと等により、令和3年度において新型コロナウイルス感染症拡大の影響でアルバイト収入が50%以上減少した。予定していたアルバイトにつけず見込んでいた収入が得られなくなった等)

 

奨学金概要:奨学金の概要や、申請資格については奨学金案内で確認してください。※申請書類一式にも同封しております。

     【2021年度在学採用】貸与奨学金案内

 

申請書類請求

申請書類は原則郵送で請求してください。なお、直接受け取る場合は、学生支援課にてお渡しします。

 

用紙(様式自由)に、以下①~⑤を記入し、A4サイズ(角2)の返信用封筒(390円分の切手を貼付し住所・宛名

を明記したもの)を同封して以下の住所へ送付してください。申請は令和4年1月17日(月)まで随時行っております。

①学生番号

②学部

③氏名

④連絡先

⑤「緊急特別無利子申請希望(コロナ緊急対応)」と記入

 

 

 宛先: 〒464-8601 名古屋市千種区不老町

     名古屋大学教育推進部学生支援課 日本学生支援機構奨学金担当 宛 

     ※封筒に、「緊急特別無利子(コロナ緊急対応)書類請求」と朱書きしてください。

 

【学部生対対象】日本学生支援機構 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等に対する緊急対応について(3.4.13)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、就職の内定取消しを受けたこと又は就職先が決まらないこと等で、やむを得ずh標準修業年限を超えて令和3年度も在学することとなった方や、これを機に、休学しボランティアに参加する(学びの複線化)の活動を行う方で、第二種奨学金の申請を希望する場合は、以下の通り申請を受け付けます。

 

 対象   

①新型コロナウイルス感染症の影響により、就職の内定取消しを受けたこと又は就職先が決まらないこと等で、

   むを得ず修業年限を超えて在学することとなった最高学年の方 

   ※新型コロナウイルス感染症の影響以外の事由での卒業延期は対象となりません

   ※卒業予定期が2022年3月以前の方のみ対象となります。

②現在、第二種奨学金の貸与を受けていない者で、新型コロナウイルス感染症の影響を機に、今年度中に休学しボランティアに参加する(学びの複線化)の活動を行う方(全学年対象)

 

奨学金概要:奨学金の概要や、申請資格については奨学金案内で確認してください。※申請書類一式にも同封しております。

     【2021年度在学採用】貸与奨学金案内

 

申請書類請求

申請書類は原則郵送で請求してください。なお、直接受け取る場合は、学生支援課にてお渡しします。

 

用紙(様式自由)に、以下①~④を記入し、A4サイズ(角2)の返信用封筒(390円分の切手を貼付し住所・宛名

を明記したもの)を同封して以下の住所へ4月20日(火)までに送付してください。

①学生番号

②学部

③氏名

④連絡先

⑤「卒業延期」又は「休学中」のどちらかを明記

 

 

 宛先: 〒464-8601 名古屋市千種区不老町

     名古屋大学教育推進部学生支援課 日本学生支援機構奨学金担当 宛 

     ※封筒に、「第二種貸与奨学金(コロナ緊急対応)書類請求」と朱書きしてください。

申請書類提出期限

 2021年4月30日(金)必着 

 申請書類を提出いただいた方へ、スカラネット(インターネット)申請入力のための識別番号を

 全学メールアドレス宛お知らせします。

 期限間際の提出は、識別番号の通知が遅れ、スカラネット入力期限までの期間が短くなる可能性

 がありますので、早めのご提出をお願いいたします。

  提出に必要な書類や提出方法の詳細は、申込書類を参照してください。

 

 

 

【学部生対象】日本学生支援機構給付奨学金在学採用を申請する方、申請手続き中の方へ 寡婦(寡夫)控除のみなし適用の特例措置について(3.4.13)

令和3年度日本学生支援機構給付奨学金在学採用を申請する方、申請手続き中の方の内、ひとり親世帯であって、生計維持者が住民税における寡婦(寡夫)控除が適用されていな婚姻歴のない方は、給付奨学金の収入基準に適用する特例措置が令和3年度の税制改革に先立ち適用されます。

以下の項目を確認のうえ、該当者は提出書類を提出期限までに郵送又は窓口にて提出してください。

概要:日本学生支援機構ホームページ

 

申請対象者

(生計維持者が次の①と②両方に該当する者)

 

①2019年12月31日時点において、婚姻歴(事実婚を含む(※1))がなく、かつ2019年の総所得金額(※2)が48万円以下の子をもつひとり親(生計維持者)

②当該ひとり親(生計維持者)の2019年1月~12月の合計所得金額が500万円以下(給与所得者の場合、年収688万円以下)

提出書類

寡婦(寡夫)控除のみなし適用申請書

②2020年1月1日以降に発行された住民票の写し(コピー可)

※世帯全員分の記載及び続柄の記載があることが必要

(※1)・・・住民税の続柄に「夫(未届)」「妻(未届)」の記載がある者は対象外。なお、2019年12月31日以前に

       婚姻歴(事実婚を含む)がなく、かつ2020年1月1日以降に婚姻歴がある者は対象。

(※2)・・・総所得金額等とは、地方税法の合計所得金額に繰越控除を適用した後の所得となります。    

 

 書類提出期限:4月30日(木)

 

        宛先: 〒464-8601 名古屋市千種区不老町

     名古屋大学教育推進部学生支援課 日本学生支援機構奨学金担当 宛 

     ※封筒に、「寡婦(寡夫)控除のみなし適用申請書在中」と朱書きしてください。

 

 

 

島根県松江市に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用(R3.4.8)

 災害救助法適用地域に該当する世帯で、奨学金を希望する学生は、以下窓口に相談してください。

 学部生:学生支援課

 大学院生:所属研究科の奨学金事務担当係 ※給付奨学金は、学部生のみ対象です。

 

 対象の災害救助法適用地域詳細については、日本学生支援機構ホームページご確認ください。

 

 

【重要・学部2年生以上対象】【新制度給付奨学金】令和3年4月「在籍報告」の提出(入力)について(3.4.5)

 給付奨学生は、引き続き大学に在籍していることおよび通学形態の変更の有無等を確認するめ、

 定期的に「在籍報告」の手続きを行う必要があります。(旧制度給付奨学金在籍報告については7月、10月のみのため、4 月は不要です。)

 令和3年度4月の在籍報告を実施しますので、必ず期間内にスカラネット・パーソナル(スカ

 ラPより提出(入力)してください。入力方法の詳細は下記をご参照ください。

  【新制度】在籍報告の提出手続き

 

 <「在籍報告」提出(入力)期間>

  令和3年4月22日

 

 <「在籍報告」提出(入力)方法>

  スカラネット・パーソナル(https://scholar-ps.sas.jasso.go.jp/)へアクセス・ログインし、

 「在籍報告」メニューより提出(入力)してください。

  ※一度もスカラネット・パーソナルにログインしたことがない学生については、

   上記URLにアクセスし、まず「新規登録」を行ってからログインしてください。

 

 【注意事項】

 ・「在籍報告」を提出(入力)しなかった場合は、給付奨学金の振込みが止まり、給付奨学生の資格を失う

  ことになります。

 ・通学形態が変更(自宅通学から自宅外通学)となった場合は、別途手続きが必要です。

 

日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込について【日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込者ガイダンス】(3.3.18)

※学部生対象※ 

令和3年度在学採用について、募集を実施します。詳細は以下のページをご覧ください。

 日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込について【日本学生支援機構奨学金(在学採用)申込者ガイダンス】

 

 ※大学院生については、各研究科奨学金担当窓口へお問い合わせください。

 

 

【学部新1年次対象】貸与奨学金「予約採用候補者」、「在学採用申請者」の書類提出について(3.3.11)

高校等で日本学生支援機構の貸与奨学金のみを申請し、採用され、高校等で採用候補者決定通知の交付を受けた者(予約採用候

補者)及び、入学後4月上旬に在学採用で貸与奨学金のみを申し込む者は、以下の期日に必要書類を提出願います。コロナウイルス感染拡大防止の観点より、原則郵送での受付といたしますので、以下のとおり、手続きいただきますようお願いいたします。

  

   <対象>・令和3年4月入学の学部1年次で、貸与奨学金採用候補者となった方(採用候補となっている奨学金に給付奨学金   を含まない方)  

 

  <提出書類>

  〇予約採用候補者
        令和3年度大学等奨学生採用候補者決定通知(進学先提出用)原本

    ※「進学先提出用」のみ切り離し、裏面の「進学後記入欄」に必要事項をすべて記入して提出してください。

     「学籍番号」は、わからない場合は空欄でかまいません。

    ※「本人保管用」は、大学に提出しないでください。進学届提出時に必要となる「進学届提出用パスワード」が

      記載されておりますので、大切に手元に保管してください。
       

  【該当者のみ】入学時特別増額貸与奨学金に係る申告書および添付書類

 

 

  〇在学採用申請予定者

      返信用封筒(角2封筒に390円切手貼付またはレターパックライト)

     日本学生支援機構の貸与奨学金(在学採用)の申請書類一式を入れて返送します。  

 

 

<郵送先> 〒464-8601 名古屋市千種区不老町

       名古屋大学教育推進部学生支援課 奨学支援係 宛て

       ※必ず記録の残る方法(特定記録便やレターパックライト等)で郵送してください。

       ※封筒の表面に予約採用候補者の方は、「貸与奨学金予約採用 在中」

        在学採用を申請する方は、「貸与奨学金在学採用 在中と朱書きしてください。

 

 <提出期限> 3月25日(木)必着 

 

 <留意事項>     

   提出書類を郵送後、以下メールアドレス宛、書類を郵送した旨連絡してください。

   郵送書類が確認できた方へ、進学届の提出(スカラネット・パーソナル)の際に必要な学校別の識別番号や、

   進学届入力にあたっての留意事項等の案内をメールでお送りします。

  (予約採用候補者:4月上旬予定 在学採用申請者:申請書類到着後順次)

     〇メール送信先:nu-jasso.loan@adm.nagoya-u.ac.jp

     ※メール件名に、予約採用候補者は「貸与予約 学部(〇〇学部) 氏名(名大 太郎)」

             在学採用申請者は「貸与在学 学部(〇〇学部) 氏名(名大 太郎)」を明記してください。

     ※採用候補者決定通知は必ず「進学先提出用」のみ郵送し、「本人保管用」は手元に残してください。

      「本人保管用」を郵送してしまうと、進学届の提出ができず、手続きが完了できません。

 

令和3年新潟県糸魚川市における大規模火災に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用(R3.3.11)

 災害救助法適用地域に該当する世帯で、奨学金を希望する学生は、以下窓口に相談してください。

 学部生:学生支援課

 大学院生:所属研究科の奨学金事務担当係 ※給付奨学金は、学部生のみ対象です。

 

 対象の災害救助法適用地域詳細については、日本学生支援機構ホームページご確認ください。

 

令和3年栃木県足利市における大規模火災に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用(R3.3.4)

 災害救助法適用地域に該当する世帯で、奨学金を希望する学生は、以下窓口に相談してください。

 学部生:学生支援課

 大学院生:所属研究科の奨学金事務担当係 ※給付奨学金は、学部生のみ対象です。

 

 対象の災害救助法適用地域詳細については、日本学生支援機構ホームページご確認ください。

 

 

 

【学部新1年次対象】給付奨学金「予約採用候補者」、「在学採用申請者」の書類提出について(3.2.17)

高校等で日本学生支援機構の給付奨学金を申請し、採用され、高校等で採用候補者決定通知の交付を受けた者(予約採用候

補者)及び、入学後4月上旬に在学採用を申し込む者は、以下の期日に必要書類を提出願います。コロナウイルス感染拡大防止の観点より、原則郵送での受付といたしますので、以下のとおり、手続きいただきますようお願いいたします。

  

   <対象>・令和3年4月入学の学部1年次で、採用候補者となった奨学金に給付奨学金が含まれる方(「給付奨学金のみ」又      は「給付奨学金と貸与奨学金の併給」の方)

      ・令和3年4月入学の学部1年次で、4月上旬に在学採用で給付奨学金を申請する予定の方(「給付奨学金のみ」又      は「給付奨学金と貸与奨学金の併給」の方)    

 

  <提出書類>

  〇予約採用候補者
         ①令和3年度大学等奨学生採用候補者決定通知(進学先提出用)原本

    ※「進学先提出用」のみ切り離し、裏面の「進学後記入欄」に必要事項をすべて記入して提出してください。

     「学籍番号」は、わからない場合は空欄でかまいません。

    ※「本人保管用」は、大学に提出しないでください。進学届提出時に必要となる「進学届提出用パスワード」が

      記載されておりますので、大切に手元に保管してください。
         ②認定申請書(A様式1)

    ※提出前に記入日を含む必要事項をすべて記入したかを確認してください。

      様式ダウンロード:認定申請書(A様式1)

    ③給付奨学金「自宅外通学証明書類」提出書

    ※自宅外通学者のみ提出必要 

    ※様式右上の記入日は空欄で提出してください。

     様式ダウンロード:給付奨学金「自宅外通学証明書類」提出書

         ④自宅外通学証明書

    賃貸契約書、入寮許可書等のコピーを提出してください。

    ※自宅外通学者のみ提出必要

  

   【該当者のみ】入学時特別増額貸与奨学金に係る申告書および添付書類

 

 

  〇在学採用申請予定者

    ①認定申請書(A様式1)

    ※提出前に記入日を含む必要事項をすべて記入したかを確認してください。

      様式ダウンロード:認定申請書(A様式1)

      ②返信用封筒(角2封筒に390円切手貼付またはレターパックライト)

     日本学生支援機構の給付奨学金(在学採用)の申請書類一式を入れて返送します。  

 

 

<郵送先> 〒464-8601 名古屋市千種区不老町

       名古屋大学教育推進部学生支援課 奨学支援係 宛て

       ※必ず記録の残る方法(特定記録便やレターパックライト等)で郵送してください。

       ※封筒の表面に予約採用候補者の方は、「給付奨学金予約採用・入学料減免申請書類 在中」

        在学採用を申請する方は、「給付奨学金在学採用・入学料減免申請書類 在中と朱書きしてください。

 

 <提出期限> 3月25日(木)必着 

 

 <留意事項>     

   提出書類を郵送後、以下メールアドレス宛、書類を郵送した旨連絡してください。

   郵送書類が確認できた方へ、進学届の提出(スカラネット・パーソナル)の際に必要な学校別の識別番号や、

   進学届入力にあたっての留意事項等の案内をメールでお送りします。

  (予約採用候補者:4月上旬予定 在学採用申請者:申請書類到着後順次)

     〇メール送信先:nu-jasso.loan@adm.nagoya-u.ac.jp

     ※メール件名に、予約採用候補者は「給付予約 学部(〇〇学部) 氏名(名大 太郎)」

             在学採用申請者は「給付在学 学部(〇〇学部) 氏名(名大 太郎)」を明記してください。

     ※採用候補者決定通知は必ず「進学先提出用」のみ郵送し、「本人保管用」は手元に残してください。

      「本人保管用」を郵送してしまうと、進学届の提出ができず、手続きが完了できません。

   

 ※令和3年度予約採用候補者で貸与奨学金のみの方については3月中旬頃、在学採用で貸与奨学金のみ申請する方については 4月初旬に改めてこちらのページにてご案内します。

 

 

 

令和3年福島県沖を震源とする地震に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用(R3.2.17)

 災害救助法適用地域に該当する世帯で、奨学金を希望する学生は、以下窓口に相談してください。

 学部生:学生支援課

 大学院生:所属研究科の奨学金事務担当係 ※給付奨学金は、学部生のみ対象です。

 

 対象の災害救助法適用地域詳細については、日本学生支援機構ホームページご確認ください。

 

【全学部・大学院生対象】緊急特別無利子貸与型奨学金の申請期間延長について(3.2.1)

 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、アルバイト収入等の大幅な減少で、

修学継続が困難となった学生のみなさんを対象とした「緊急特別無利子貸与型奨学金」事業の再募集について、

申請期間が延長となりました。

 詳細については、こちらをご確認ください。

申込方法

   以下のメールアドレスへ、件名を「緊急特別無利子貸与型奨学金申請希望」として、本文に所属学部(研究科)、

 学生番号、氏名を記載したメールを2月5日(金)までに送付してください。メール返信にて、その後の手続きを

 ご案内します。

   nu-jasso.loan@adm.nagoya-u.ac.jp(名古屋大学学生支援課 日本学生支援機構奨学金担当)


 

令和3年1月7日からの大雪による災害に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用(R3.1. )

 災害救助法適用地域に該当する世帯で、奨学金を希望する学生は、以下窓口に相談してください。

 学部生:学生支援課

 大学院生:所属研究科の奨学金事務担当係 ※給付奨学金は、学部生のみ対象です。

 

 対象の災害救助法適用地域詳細については、日本学生支援機構ホームページご確認ください。