概要・当日の受付
 名古屋大学へ入学を希望する方々に、本学の教育研究の紹介や施設見学を通じて、進学の目的意識を持っていただくためオープンキャンパスを実施します。
開催日時・定員・会場
【全体企画 (3日間共通)】
全体企画のスケジュールは参加者が組み立てて見学して下さい。
大学紹介ビデオの視聴(9:30〜12:00まで随時)
8月5日(水)を除く毎日、豊田講堂ホールにおいて大学紹介ビデオ(1回放映時間:約20分)を視聴することができます。(途中入退場自由)
なお、8月5日(水)はシンポジオンホールで放映予定。
個別相談コーナー(9:30〜17:00まで随時)
入試、就職支援及び資格取得などのいろんな質問に大学スタッフがお答えします。
また、学生生活(授業・課外活動等)について、現役学生が体験をもとにお答えします。
そのほか、女性スタッフによる女子学生のための相談コーナーもあります。
大学施設見学(9:30〜17:00まで随時)
附属図書館 : 蔵書およそ106万冊を誇る巨大図書館。閲覧室まで入館可能です。
  博物館 : 第17回企画展「水辺の宝石 トンボ〜東海昆虫保存会コレクション展」及び、 常設展示の「名古屋大学におけるノーベル賞研究」が見られます。
年代測定総合研究センター : 放射性炭素14C年代測定法により、 その物体がいつの年代のものかを測定する、タンデトロン加速器質量計などの装置が見られます。
野依記念物質科学館 : 野依良治博士のノーベル化学賞受賞記念として建てられた建物。 2階にあるケミストリーギャラリーのノーベル賞展示室で、野依博士の研究業績などが見られます。
赤崎記念研究館 : 赤崎勇博士の青色発光ダイオード発明による特許収入の一部を充てて建てられた建物。 青色発光ダイオードを利用した信号機・携帯電話などのモデルなどが見られます。
名古屋大学広報プラザ : 社会との連携拠点、大学の情報公開、情報発信施設として本学の様々な情報を 提供している施設。大学刊行物等が見られます。
このほか、グラウンドや体育館で行われている体育系クラブの練習風景が見られます。緑豊かな広いキャンパス内を自由に 散策・見学をしてください。
また、名大生協において、名大グッズの購入や学食体験(有料)もできます。
・お願い
  昼食は、学内の学生食堂を利用することができますが、昼食時は大変混雑が予想されますので、余裕をもって食事をすませてください。 (食堂は11時から営業)

【午後の部 13:00〜17:00 (工学部は10:00〜16:30)】
各学部企画
当日の受付
場所
豊田講堂ロビー → 地下鉄2番出口からすぐ
(但し、工学部の整理番号1201番以降の方はIB電子情報館1階で受付を行います。)
※医学部保健学科は大幸キャンパスで受付を行います。
時間
・方法
9:30〜12:00 (工学部は次の(3)を参照)
(1)

3日間とも、上記時間内、随時受付を行いますので、各自の都合に合わせて受付をすませ、 事前登録を行った午後からの学部の企画に参加してください。
なお、受付を行った後、午後の企画に参加するまでの間、上記の全体企画に自由に参加することができます。 (全体企画は、事前の参加申込みは不要です。)

(2) 各期日とも、当日の受付場所に事前登録したメールアドレスに送信のあった整理番号を提示し、 係員の指示に従ってください
(3) 工学部については、次のとおり受付を行います。
  整理番号 1〜1200 → 9:30〜10:00 (豊田講堂ロビー)
1201〜 → 9:30〜12:00 (IB電子情報館1階)
※開催会場・受付場所は会場案内図をご覧ください。