新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における名古屋大学の活動指針

ご支援のお願いWithコロナでのキャンパスライフ応援事業(基金)ご支援のお願い

新型コロナウイルス感染症への
対応について

2021年度の授業実施等について

インターネット利用環境が整わない学生は、所属学部・研究科にご相談ください

大学からのお知らせ

附属図書館クラウドファンディング「【第2弾】名古屋大学の使命!重要文化財の絵図を守り継ぐ」を開始しました

2020年11月24日

 

名古屋大学附属図書館は名古屋大学の研究の基盤としての役割を担い、「勇気ある知識人」を育てる教育や研究にかかわる様々な支援を行っています。

高木家文書は、美濃国石津郡時・多良両郷内(現在の岐阜県大垣市上石津地域)を知行地とした旧旗本交代寄合、西高木家の旧蔵文書群で、約10万点が附属図書館に伝わっています。2019年7月には、文書群の学術的な価値が認められ、国の重要文化財に指定されました。

 

 附属図書館では、2001年より高木家文書デジタルライブラリーとして、高木家文書のデジタル画像化と公開に取り組み続けています。2018年に挑戦した「名古屋大学の使命!東海地方の貴重な古文書を後世に」プロジェクトでは、135名の皆様からのご支援により、高木家文書の『御用日記』2冊の修復と約500点のデジタル画像化事業を行うことができました。心より御礼申し上げます。

 第2弾のプロジェクトでは、重要文化財の高木家文書のうち木曽三川流域を描いた川絵図2点の修復を進めるため、目標金額を150万円として、再び挑戦いたします。

 

川と人との繋がりを描く重要文化財を守り継ぐために、皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

詳細は、下記ページをご覧ください。

 

 

 

ビデオトピックス

一覧で見る

2020/12/16更新

総長写真

総長室から

名古屋大学総長
松尾清一

東海機構Webinar

東海機構
Webinar

世界で学ぼう!海外留学のススメ

世界で学ぼう!
海外留学のススメ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学への留学を希望する方へ

名古屋大学スーパーグローバル大学創成支援事業

スーパーグローバル大学創成支援事業

博士課程教育リーディングプログラム

博士課程教育リーディングプログラム

SDGs実現に貢献する名古屋大学

SDGs実現に貢献する名古屋大学

受賞者情報

一覧で見る

2021/04/14更新

2021/03/23更新

赤﨑 勇本学特別教授及び天野 浩工学研究科教授が2014年ノーベル物理学賞を受賞

2014年ノーベル物理学賞

松尾清一 × 天野 浩

特別対談 松尾清一 × 天野 浩

橋本孝之 × 松尾清一

特別対談 橋本孝之 × 松尾清一