税制上の優遇措置

名古屋大学へのご寄附については、税制上の優遇措置が受けられます。
なお、現金以外(例えば、有価証券、土地、建物、構造物、物品等)のご寄附についても
現金でのご寄附と同様に税制上の優遇措置を受けることができます。

個人の皆様

所得税(所得控除)

寄附金額が年間2,000円を超える分について、所得控除を受けることができます。 所得控除額の計算式 (控除対象となる寄附金の上限額は、当該年分の総所得金額の40%です)

※「修学支援基金」へのご寄付については、平成28年度の税制改正により、上記の「所得控除」に加え「税額控除」の適用対象となります。 確定申告の際には、寄附者様において、いずれか一方の制度をご選択いただけます。詳細は修学支援事業をご確認ください。

住民税

本学を「寄附金税額控除対象法人等」として指定している都道府県・市区町村にお住まいの寄附者の皆様は、所得控除に加えて、翌年の個人住民税が軽減されます。控除対象の地方自治体については、愛知県内の条例指定状況よりご確認ください。 住民税控除額の計算式 (控除対象となる寄附金の上限額は、当該年分の総所得金額の30%です)

※・都道府県が指定した寄附金は4%
 ・市区町村が指定した寄附金は6%(都道府県と市区町村双方が指定した寄附金の場合は10%)

相続税

遺贈による寄附の場合、被相続者様の相続税からその金額が非課税となります。

法人様

寄附金の全額を損金算入することができます。