入学案内

学部基本方針

文学部における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

文学部は,「人間への洞察力と言葉への関心をもち,心と行為を考え,人文学に論理的思考力をもってアプローチできる人の育成」を学部教育の基本方針としています。全学共通の教育目的に照らして設定した,文学部の教育目標を達成するために,履修上のコースを4つ置いています。各コースの学問上の特質に合わせて,専門導入教育としての概論・概説,専門教育としての特殊研究や講読,演習科目が適切に配置され,各学問領域を体系的に学べるようにしています。

2年次から,各専攻の教育課程は,次の科目から編成されています。

(1) 古今東西にわたる人間の精神的所産に広く親しみ,人間の精神活動に対する多面的な関心をはぐくむ科目

(2) 文献資料の精読を通して,論理的な考え方を身につける科目

(3) フィールドワークを通して,ものごとを実証的に解明する姿勢を身につける科目

(4) 自らの考えを口頭あるいは文章で筋道だって説明する訓練を通して,高い言語運用能力を身につける科目

各専攻では概論・概説科目が開講されており,専門研究への導入を図っています。

 

なお,過度の専門性に陥らないよう,学問分野としての人文学を概観するための授業として,1年次生向けには「人文学講義」,2年次生向けには「人文学基礎演習」を開講しており,多彩な学部共通科目を含め,学生には,自分の所属する専攻以外の授業も積極的に受講するよう指導しています。