入学案内

学部基本方針

教育学部における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

教育学部は,「人間の成長発達と教育をめぐる課題を発見し,教育学・心理学の見地に立って様々なアプローチから,これに取り組める人の育成」を学部教育の基本方針としています。全学共通の教育目的に照らして設定した,教育学部の教育目標を達成するために,

(1) 教育学系として,生涯教育開発,学校教育情報,国際社会文化のコースを,心理学系として,心理社会行動,発達教育臨床のコースがあり,教育学と心理学の講義,演習,調査実習,実験演習の授業科目を配置しています。

(2) 各コースに必修科目,選択必修科目を定め,学部教育科目も設定している。初年次教育として「人間発達科学入門」,「人間発達科学Ⅰ~Ⅴ」,2年次には「生涯教育の原理と組織」,「心理・教育の統計学」,「人間発達の心理学」などの専門基礎科目を開講し,学年進行に応じ段階的に専門性を高めるように配慮しています。

(3) 「卒業研究」を課しており,学生は各指導教員のもと数名のゼミを構成し,各自の問題意識に基づき,先行研究文献のレビュー,適切な研究方法の検討,データ収集と分析,結果の考察まで1年かけて論文として完成するようにしています。

 

なお,卒論のテーマは社会的な課題に関するものや,人間育成・支援という広義の教育に関わるものが多く,論文作成の体験を通して,自らの社会的関心をさらに深め,客観的・論理的思考力や判断力,行動力をも身につけます。