入学案内

学部基本方針

理学部における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

理学部は,「自然の理を解き明かそうとする探究心をもち,独創的で柔軟な思考ができる人の育成」を学部教育の基本方針としています。全学共通の教育目的に照らして設定した,理学部の教育目標を達成するために,

(1) 初年次教育は,基礎を学びながら自分の進みたい学科を選ぶ期間を設定しています。

(2) 数学や理科の基礎科目はもちろん,物事に対する考え方や議論の方法そのものを学ぶ専門リテラシー,人文社会系の教養科目,外国語など,高度知識人に相応しい教養を身につけます。

(3) 1年終了時に,希望や成績などによって各学科への配属が決定される学科分属制度を採用しています。この制度は,理学部の大きな特長で,総合的な視座から研究や社会をリードできる人材を育成しようとする考えに基づいています。

(4) 2年次以降は,各学科に分かれて,基礎から専門的な講義までを体系的に受講します。演習を取り入れ,実験系では多くの時間を実習にあてて重点的な指導を行っています。いずれの学科でも最新の研究成果を取り入れた教育を行っています。加えて,他学科の講義も履修でき,自然科学の基礎知識を一層広げることができます。

(5) 4年次には,さらに専門的な講義を実施するとともに,各研究室に配属されて,これまで3年間の蓄積を実際の研究現場で活用し,自主的な学習と研究による卒業研究に取り組みます。