入学案内

学部基本方針

医学部における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

医学部は,本学の教育目的に基づき,「科学的論理性と倫理性・人間性に富み,豊かな創造力・独創性と使命感をもって医学研究及び医療を推進する人の育成」を学部教育の基本方針としています。全学共通の教育目的に照らして設定した,医学部の教育目標を達成するために,医学科および保健学科において下記の施策を実施しています。

 

医学科

(1) 問題立脚型の学習方法を導入し,自ら課題を発見し解決する能力を養成します。

(2) 問題解決のための科学的論理性やコミュニケーション能力を適正に評価するシステムを確立します。

(3) 世界最高の教育水準にある海外大学医学部との単位互換プログラムを実施し,その充実を図ります。

(4) 教員が世界の医学教育改革の潮流に対応できる教育手法を習得するためのファカルティ・デベロップメント(FD)活動を推進します。

(5) 社会の要請に応え,最先端研究を推進する研究医と地域医療を支える臨床医の養成に努めます。

 

保健学科

(1) 将来の保健医療を担うリーダーとなりうる中核的人材の育成を目指して,看護学,放射線技術科学,検査技術科学,理学療法学,作業療法学の各専門課程コースを設けています。

(2) 専門基礎,専門科目の段階的な教育カリキュラム(講義,演習,実習)を配置して,各分野の高度な専門性の習得に加え,幅広い視野と高い倫理観の養成を図っています。

(3) 卒業研究と論文作成を通じて,科学的論理的思考や独創性,問題発見・解決能力の涵養を図っています。