入学案内

学部基本方針

工学部における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

工学部は,「基礎科目を重視し,現在の科学・技術の水準を理解し,創意改善しながら工学を応用する能力のある技術者・研究者の養成」を学部教育の基本方針としています。全学共通の教育目的に照らして設定した,工学部の教育目標を達成するために,『基礎力』,『応用力』,『創造力・総合力』を工学部における学科・分野共通の教育目標に置き,

(1) 「理学的な基礎知識と工学知識の充実」

(2) 「基礎知識を柔軟に運用する豊かな応用力の養成」

(3) 「専門的な知識の修得のみならず,将来の創造性につながる基礎学力と技術・研究のあり方に対する基本的な素養の養成」

(4) 「人文・社会科学等の関連する学問分野についての幅広い視野の確立」

という,4つの具体的な教育方針にそって,教育プログラムを編成しています。

全学教育で履修された共通科目や教養科目の基礎のもと,各学科・履修コースごとに,専門系科目を専門基礎科目・専門科目・関連専門科目に区分し,それぞれの科目区分の中で必修科目・選択科目を定めています。

また,講義,実習,実験などの多様な授業形態を配置し,学年進行にそって,教育目標である,『基礎力』から『応用力』,『創造力・総合力』が段階的に涵養されるようにコースツリーが配慮されています。この中で,『創造力・総合力』の育成を目指した「創成型科目」を配置しているのが特徴です。