入学案内

学部基本方針

農学部における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

農学部は,「農学の知識と素養を身につけ,生き物に対する豊かな人間性,総合的判断力及び創造的解決力をもち,社会に貢献する人の養成」を学部教育の基本方針としています。全学共通の教育目的に照らして設定した,農学部の教育目標を達成するために,「食・環境・健康」に関して多様な視点から問題を発掘,解決できる力を養わせるとともに,大学院教育との連携や社会からの要請に応えるために,分野横断型の教育プログラムを実施しています。

(1) 『科学的素養』を養うために1・2年次の学部科目では,専門科目講義に加えて,農林業生産現場の抱える課題を把握させるための実地見学,最先端の研究を紹介するオープンラボなどを「生命農学入門」および「基盤実験実習」において実施し,専門教育に向けての学生の目的意識を高めています。

(2) 「情報リテラシー入門」では,ネットマナーや知的所有権を理解させ,情報機器を利用した情報収集・作成・表現についての基礎を習得させています。

(3) 『論理的思考力』および『総合的に分析する力』を養成するために3年次には,授業内容の一部に対応した実験実習が体系的に組まれており,専門教育への理解が深まる配慮がなされています。さらに,グループディスカッションやグループワークを取り入れた科目(「生命と技術の倫理」,「環境倫理学」,「持続的生物生産学」,「国際農学演習」,「Agricultural Science」)を充実させ,自ら主体的に考え発言する能力の向上を目指しています。

(4) 学生や社会からの要請に対応した科目も設定しており,食や環境の現場,企業,行政,研究などに携わる講師による「特許法」,「食品工学」,「農学国際協力論」,「科学史」,「バイオベンチャー論」,「農林行政論」,「食文化論」,「科学ジャーナリズム論」,「食品産業における品質管理」など多様な講義を開講しています。