入学案内

大学院基本方針

経済学研究科における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

経済学研究科は,経済学および経営学の分野で必要とされる専門性の高い課題に対する対処するための基礎的な分析力を学ばせ,それを基礎として最新の研究課題に取り組み,新しい学術の理論およびその応用を研究することによって,高度な専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い,豊かな人間性を持つ研究者および専門的職業人を養成することを,経済学研究科における教育目的としています。この目的のため,「独創的な研究と卓越した倫理感を基に,現代の経済社会の諸課題に挑戦し,解決できる人を育てる」ことを大学院教育の基本方針としています。

経済学研究科では,全学共通の教育目的と学位に照らして設定した『応用能力』,『研究能力』を教育目標におき,以下の3つの学力,資質・能力,

・専攻分野における最新の成果を修得する。

・独自に問題を立て,独自の方法で解いてゆく能力を修得する。

・研究成果を国際的に発信する能力を磨く。

を高める教育課程を次のように編成し,経済学の特長に基づく教育実践と研究指導を適切に行います。

 

(1) 専門分野ごとに,必修度の高い大学院基礎科目,選択性のある大学院専門科目,必修の演習から編成します。

(2) 研究科共通の教育目標である『応用能力』,『研究能力』に基づいた,専門分野の具体的な教育目標を設定しつつ,最新の研究成果を踏まえた教育を行います。

(3) 「課題設定型講義」,「課題設定型ワークショップ(演習)」を適宜開講し,これらの課題に関連する大学院生を対象に関連分野の複数の教員が講師として出席して討論する方式の授業も設けます。

(4) 教育目標を達成する上で学位論文の作成を特に重視しています。そのため,授業に加え,大学院生に対する個別の研究指導にも力を入れます。

 

なお,後期課程では主指導教員に加えて,副指導教員を配することで,よりきめ細かい指導体制を敷いています。