入学案内

大学院基本方針

医学系研究科における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

医学系研究科は,「科学的論理性と倫理性・人間性に富み,豊かな創造力・独創力と使命感をもって医学研究および医療を推進する人を育てる」ことを大学院教育の基本方針としています。

医学系研究科では,全学共通の教育目的と学位に照らして設定した『科学的論理性』,『創造力(独創性)』,『倫理性』を教育目標におき,医学・保健学の特長に基づく教育実践と研究指導を適切に行います。

その実現のため,次の教育方針の下で,目標達成を図っています。

・医学部および関連他学部で多様な専門分野を習得した学生に対し,広く医学の基礎およびその応用法を体系的かつ集中的に教育し,将来医学の先端的な研究推進に貢献しうる研究者・教育者を養成します。

・高度な専門知識と研究的素養ならびに優れた臨床応用,開発能力を有し,医学および保健医療課題を発展的に解決できる卓越した高度専門職業人を養成します。

 

医科学専攻・修士課程の教育プログラム

(1) 医学以外の専門分野を学んできた学生に対して,1年次前期に「人体形態学」「人体機能学」「病理病態学」「社会医学」「臨床医学概論」の5種類の系統講義を行い,医学の基礎知識および応用知識を体系的かつ集中的に教育します。

(2) 医学部医学科以外の学部教育を受けてきた学生の医学リテラシーの習得を目指した教育を行います。

(3) 博士課程(総合医学専攻)と共通の基盤医学特論講義・基盤医科学実習(ベーシック・トレーニング)の受講を推奨し,研究初心者から最先端研究経験者まで様々なレベルの学生の充実をした修学を実現します。

 

総合医学専攻・博士課程の教育プログラム

(1) 毎年,百数十回開講する基盤医学特論講義と,毎年,数十コース開講する基盤医科学実習(ベーシックトレーニング)からなる,基盤的な学識の教育を行います。

(2) 基盤医学特論講義の3分の1を英語講義とし,留学生に対する便宜を図るとともに日本人学生のグローバル・リテラシーの涵養を行います。

(3) 「特徴あるプログラム」として,「キャンサー・サイエンスコース」,「ニューロサイエンスコース」,「トランスレーショナルリサーチコース」,「医薬統合プログラム」,「産学官連携プログラム」,「On the Jobトレーニングプログラム」,「医学英語プログラム」,「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」の8コースの系統講義を開講し,幅広い領域の系統的な知識をもつ医学研究者の育成を行います。

 

看護学,医療技術学,リハビリテーション療法学の3専攻共通の,博士課程・前期課程教育プログラム

(1) 各専攻横断の共通カリキュラムとして,研究能力,管理能力,医療研究の最前線,多職種連携,国際的視野等の養成に関する科目を設けます。

(2) がん治療関連の専門医療職を育成する「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」を提供します。

(3) 多職種連携によるチーム医療推進を視野に入れた本学独自の「トータルヘルスプランナー(THP)養成コース」等,高度専門職育成プログラムを提供します。