入学案内

大学院基本方針

国際開発研究科における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

国際開発研究科は,「国際開発・協力・コミュニケーション分野で自立的研究能力,実務能力,および異文化理解に立脚した国際性を兼ね備えた人を育てる」ことを大学院教育の基本方針としています。

国際開発研究科では,全学共通の教育目的と学位に照らして設定した『自立的研究・実務能力』,『異文化理解に立脚した国際性』を教育目標におき,次の方針にそって教育課程を編成し,国際開発の特長に基づく教育実践と研究指導を適切に行います。

 

(1) 国際開発・協力コースと国際コミュニケーションコースの2つのコースを設置します。

(2) 国際社会における開発諸課題が多様化,重層化,そして超領域化するような流れに柔軟に対応できるものにします。

(3) 「実学的志向の強い国際開発・協力や国際コミュニケーション分野において,高度専門職業人育成にも研究者育成にも対応し得る教育プログラムを提供します。

(4) 授業以外のインターンシップ・NGO活動等を組入れ,教育形態の多様化を促進します。

(5) 内外の国際協力機関等の職員を招聘しての就職説明会,情報処理等に関する講習会を開催する等,様々な学習支援体制を整備します。

 

(博士課程・前期課程)

「T字型教育」を特徴にしています。前期課程のカリキュラムは国際開発分野の知識の幅を広げる講義と,特定の分野を専門的に理解する講義とに分かれます。

前者がT字の横線であり,後者がT字の縦線です。

 

(博士課程・後期課程)

前期課程で得た幅広い知識を基礎に,特定の分野をさらに深く掘り下げ,学術と現実社会(現場)との対応をさらに強く意識します。

さらに,論文執筆に結びつくような,海外での研修(海外実地研究,国際会議での報告,海外の教育機関での教育実践および海外の国際機関でのインターンの経験)を推奨しています。