入学案内

大学院基本方針

多元数理科学研究科における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

多元数理科学研究科は,体系的かつ論理的な思考力を身につけ,確かな数理科学的能力と知識を基礎に,数理科学の新たな可能性に挑戦する人を育てる」ことを大学院教育の基本方針としています。

多元数理科学研究科では,全学共通の教育目的と学位に照らして設定した『数理科学的能力』,『体系的・論理的思考力』,『幅広い視野』を教育目標におき,次の方針にそって教育課程を編成し,多元数理科学の特長に基づく教育実践と研究指導を適切に行います。

 

(1) 基盤となる科目を概論として配置し,専門的な数学を体系的に学べる科目編成をします。

(2) 専門性の高い科目を特論として配置することによって,基盤科目の学習を通じて身につけた知識を応用する方法が学べる科目編成をします。

(3) 講究科目を少人数授業として実施し,思考力・コミュニケーション能力の育成に努めます。

(4) 展望型のオムニバス講義,保険・年金数理等の応用的講義を配置して,自主性と広い視野を持ち,高度な数理科学的能力を備えた専門家として,数理科学,自然科学,社会の課題に貢献する人材を養成します。