入学案内

大学院基本方針

国際言語文化研究科における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

国際言語文化研究科は,「国際言語文化にかかわる諸領域で広い基礎的理解力と専門的な応用力を備え,現代の国際社会で活躍できる実践力をもつ人を育てる」ことを大学院教育の基本方針としています。

国際言語文化研究科では,全学共通の教育目的と学位に照らして設定した『国際言語文化に関する基礎的理解力』,『国際言語文化に関する応用力』,『国際言語文化に関する実践力』を教育目標におき,次の方針にそって教育課程を編成し,国際言語文化の特長に基づく教育実践と研究指導を適切に行います。

 

(1) 教育目標を獲得できるよう,日本言語文化,国際多元文化の両専攻とも分野・コースごとに授業科目の適切な配置を図ります。

(2) 履修モデルをカリキュラム・ツリーとして明示します。

(3) 各授業の内容と位置づけを授業シラバスによって明示します。