入学案内

大学院基本方針

環境学研究科における,教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 

環境学研究科は,「自然,都市,社会を対象とした専門分野とそれらを融合した環境学に取り組み,世界をリードする研究や実践ができる人を育てる」ことを大学院教育の基本方針としています。

環境学研究科では,全学共通の教育目的と学位に照らして設定した『創造力』,『応用力』,『統合力』を教育目標におき,次の方針にそって教育課程を編成し,環境学の特長に基づく教育実践と研究指導を適切に行います。

とくに,社会や組織を導くことができる中核的な人材として,

・環境学の基礎に裏打ちされた思考力で環境問題に果敢に取り組む能力,

・自らの専門領域に閉じない柔軟な英知

・文理にまたがる幅広い学問分野を自由に咀嚼する能力

・次世代の新しい学術分野を創造する能力

を学力,資質・能力を身につけるための教育プログラムを提供します。

 

環境学研究科の教育理念・教育目標を,「持続性学」と「安全安心学」の視点から考究する教育・研究を展開するため,次の2つの科目を編成し,両者を縦横に組み合わせます。

(1) 環境学の諸体系を広く教授する体系理解科目

(2) 環境学を構成する諸要素を深く専門的に教授する分野科目

また,環境学フィールドセミナーや地域貢献実習等の,「現場参加型授業」を実施しています。